東京競馬場へ行こう。

アクセスカウンタ

zoom RSS  フェブラリーS 東京ダート1600mとは

<<   作成日時 : 2011/02/19 20:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

明日はフェブラリーS
いよいよ今年初GT

それにしても
東京ダート1600m
当たるときは上位5頭まで綺麗に予想が当たり
外れるときは全く見当違い

何故か
これは根幹距離の中の根幹距離だからに違いない

根幹距離:
400mで割り切れる距離
(1200m、1600m、2000m、2400mなど)
特に精神力、集中力を問われ一本調子では厳しい
短縮馬が有利である


東京11R フェブラリーS(GT)
◎11メイショウタメトモ
○5バーディバーディ
▲1オーロマイスター
鮮度があり前走先行の短縮馬11から
多頭数内枠混戦向きブライアンズタイム産駒5
同じく内枠向きサンデー系1としました

1600m以上の距離に実績がある
短縮馬3頭で

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
抜けた馬がいない混戦のレースだと思います。
東京の1600mを走りきるのには、相当の力が要ると思います。
そんな中で、距離が保つのか解らない馬を応援するのはどうかとも思いますけれど、ここはセイクリムズンで行きたいと思います。
彼には、不出走の父の分まで、走って欲しいものです。
フセイン八木
2011/02/19 22:44
フセイン八木さん
一番残念な結果になってしまいました。
堅過ぎて手が出ませんでした。

セイクリムズン
1200mでまた頑張ってほしいです。
シンルチュウ
2011/02/20 19:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
 フェブラリーS 東京ダート1600mとは 東京競馬場へ行こう。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる